これからの世界と日本の未来には、今はまだない仕事が出来たり、
世界中の文化が異なる人と関わりをもったり、
今まで誰も経験したことがない世界が広がっています。

そんな多種多様な文化や価値観が共存する中で、子どもたちは社会に旅立ちます。

 

その子の想う、幸せな人生が送れるように

そして、自らの仕事や存在で周りの人たちや社会に貢献できる人に育つように

 

そのために私たちに出来る事は、園で過ごす環境や経験、保育者と接する中で形成された

こころが、将来子どもたちの力になれる様な保育活動を行っていくことです。

 

そして、しっかりと自立した自分を確立しながら、周りの人たちと力を合わせ、
自由と責任を知りながら、未来を切り開いていける力を持つ。

 

そういった人格を将来備えるための、人としての土台を保護者の方と共に育んでいきたいと考えています。

パンフレットはこちらへ

保育方針

お子様の、心も体も健康に育む保育施設であること
かしわノ木保育園は全ての園が0歳から2歳のお子様をお預かりする保育園です。      
私たちはお子様にとって初めて触れる社会であり、ご家族以外の大人でもあります。
お子様から二つ目の家庭として心から安心して心を寄せて頂けるよう、安心・清潔・笑顔を基本方針とし、
画一的な保育ではなく、お子様一人一人の成長やこころの成長に合わせた保育を行っています。
 

保育者として

保育者として

『誠実に仕事に向き合う凛とした姿を、その子のこころに残したい』

私たちは生後間もないお子様から2歳という人生においてとても大切な時期に携わり、
使命感を持ち仕事をさせて頂いていることに感謝の気持ちを忘れません。
保育者としての仕事に誇りを持ち、自らのスキル向上や見分を広げることはもちろん、
一人の人間として、子どもと共に柔軟な発想と情熱を合わせ持ちながら成長できる感性を持ち続けたいと考えています。

未来を見据え、末永く地域の方々に愛される施設作りを行います

地域の大切な役割を担うため、専門性の向上に努めると共に、地域の方々と共存しながら、
心から信頼される保育施設としての運営を行います。

そしてそのためには、職員の健全な就労環境が不可欠であると考えています。

私たちはプロフェッショナルとして自己研磨に努めると共に、
職員の就労環境の向上と社会的地位向上を目標としています。

                                                 

保護者の方と共に

子育てとお仕事の両立を応援する保育施設であること
かしわノ木保育園は自社従業員はもとより、近隣の企業様で働く従業員の方のお子様をお預かりする保育施設です。
育児と就労の両立はいま必要とされているからこそ、そのご負担を少しでも軽減したいとの想いから、
様々な取り組みを行っております。

給食について

給食は子どもに適した安全な食材を厳選し、望ましい食嗜好・食習慣を育てるため、
バランスのとれて献立作成を行い、すべて園内で調理しています。
栄養満点、しかもおいしい給食は当園自慢のものです

子どもたちの個々の発達(食べる意欲や咀嚼力)に応じて、離乳食をはじめとして食欲がわくようなメニューと
素材の味を生かした手作りの調理を心がけています。

栄養士が、保育士と共に愛情をこめて、毎月季節を感じられる、バラエティー豊かな献立を心がけ、
かつ安心できる食材を吟味して使っています。

PAGE TOP